ホーム > CSR活動 > ガバナンス > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス体制

コーポレートガバナンス体制

コーポレート・ガバナンスの基本方針 経営・執行体制

当社では、「シークス・プリンシプル(SIIX Principles)」を企業理念として制定し、すべての役員および従業員が行う企業活動の基本理念とし、それに基づいた「シークスグループ行動規範」を制定しております。また、「シークス・プリンシプル(SIIX Principles)」の「Fair」という基本精神のもと、企業活動を律するコーポレート・ガバナンスの強化が経営上の重要な責務であるとの基本認識に立ち、適切かつ有効なコーポレート・ガバナンス体制の構築・整備に努めております。
当社は監査役設置会社であり、監査役会の構成においては社内監査役の他、2名の社外監査役を選任すること等により、経営を客観的・中立的な立場から監視・監督する体制が整っております。取締役会は取締役7名で構成されております。取締役7名の内2 名が社外取締役であり、監査役3名(内社外監査役2名)と毎月開催される取締役会において、経営上重要性が高い人事・投資案件・資本政策・予算計画等について企業価値向上およびリスク管理の観点から審議・決議を行っております。なお、当社は株式会社東京証券取引所が定める独立役員の基準にもとづき、独立役員の資格を充たす社外役員をすべて独立役員に指定しております。