ホーム > 事業内容 > EMS(電子機器製造受託サービス)

EMS(電子機器製造受託サービス)

シークスは日本のEMSの草分け

近年、EMS(Electronics Manufacturing Services:電子機器受託製造サービス)という言葉が新聞等でも頻繁に見られるようになりましたが、まだEMSという言葉がなかった1979年に、既にシークスは海外(シンガポール)においてこの事業を始めており、日本のEMS企業の草分けです。

その後グローバルにEMS事業を拡大し、現在ではシークスは世界のEMS企業ランキング(Manufacturing Market Insider March 2016による)において、世界第15位にランクされています。

EMS事業拡大の背景

EMSの活用が世界的に増加している背景には、グローバルマーケットの変化に応じてモノづくりが変化してきていることがあります。すなわち、新興国経済の急速な成長に伴って膨大な新規需要が創出されている一方で、価格、品質、デザインなど商品に対するニーズは各国市場の特性により極めて多様かつ変化が速く、これに対応できる商品供給体制を持つことが重要となっています。

このために、できるだけ消費地に近い場所で現地の資源を活用して生産する現地生産がますます拡大しています。現地生産体制を世界各地で構築し運営する上で、投資の効率性、立ち上げの迅速性、今後の市場変化への柔軟な対応などの観点から、垂直統合型(自前主義)ではなく外部資源の有効活用(アウトソーシング)、即ちEMSの活用によって生産の機動性を高めようとする企業が増加しているのです。

EMSを活用することで、セットメーカーにとっては製造コストの低減、早期の市場投入などのメリットがあり、EMS企業にとっては部材調達、製造の両面で規模による経済メリットを追求し、量産技術の専門性を蓄積していくことができます。

“SIIX EMS”の特長・強み

モノづくりのワンストップサービス

シークスの事業は「製造の受託」に止まらず、部材調達・物流サービスを含めたトータルサービスが可能な「ワンストップサービス」が特長です。

グローバル・ネットワーク

シークスは約60年前に海外での事業を目的に創業した企業です。海外拠点は14カ国に約50拠点
海外売上高比率は約80%(海外売上高/連結売上高)。「グローバル」がシークスの重要なキーワードです。

部材調達力

約60年間にわたる電子部品取扱経験がシークスの事業のベースです。
主要部材メーカーとの強固な信頼関係をもとに、お客様メーカーから部材のグローバル調達業務を受託しています。

EMS製造技術力

最先端SMTラインを保有し、高密度実装、高信頼性品質、サーマルマネージメントなどの製造技術を蓄積して、お客様の量産効率化のための提案を行っています。

非系列

シークスは、どの企業系列にも属していませんので、幅広いお客様から受託しています。